飛田新地について

飛田遊廓

飛田遊廓(とびたゆうかく)は、大阪市西成区の山王3丁目一帯に広がる遊廓、赤線である。通称は飛田新地(とびたしんち)。 大正時代に築かれた日本最大級の遊廓と言われた。

1958年の売春防止法施行以後は料亭街『飛田料理組合』となっているが、 現在も当時の雰囲気を残している。大部分の「料亭」は看板は料亭であるが、営業内容は1958年以前と何ら変わりがない。

表向き料亭に転向することにより、料亭内での客と仲居との自由恋愛という脱法行為として売春防止法を逃れられたためである。同様に大阪市内には 松島新地(西区)や今里新地(生野区)等、現代に生き残った旧赤線がある。現在料亭(本来の料亭)として営業している鯛よし百番は、 大正中期に遊廓として建てられた建物を使用しており、2000年をもって国の登録有形文化財となった。

ただし、歴史的な建造物や町並みは評価されつつも、依然として飛田新地の中は観光地ではない。その地域の成り立ちや性格上、写真撮影はタブー視されている。

歴史

難波新地乙部遊廓が全焼した後、1916年(大正5年)に築かれた。規模は、22600坪。

1918年(大正7年)には既に100軒あまりの妓楼が並んでいた。

妓楼の数は昭和初期には200軒を超える。

花街も戦災を免れた唯一の廓である。

戦後にいわゆる赤線となった。

出典:Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E7%94%B0%E9%81%8A%E5%BB%93