松島新地について

松島遊廓(松島新地)

松島遊廓(まつしまゆうかく)は、明治時代に築かれた遊廓、赤線。通称は「松島新地」。

江戸時代の新町遊廓に代わる大阪の新たな遊廓として、木津川と尻無川 の当時の分流点である寺島(現在の大阪市西区千代崎1丁目・2丁目)に明治に成立した。

以後、市電の便もよい松島は歓楽街として繁栄し、周囲の九条新道も都心有数の商店街として栄えたが、戦争と大空襲でその面影も消えたが、戦後はいわゆる赤線として復活した。

同じ松島とよばれているが位置は若干異なり、現在の西区九条1丁目・本田2丁目が中心となった。しかし1958年の売春防止法施行で名目上は廃止された。

「松島」の名の由来は当時そこに樹齢300年とも言われた松の木があり、それが寺島の先(現在の松島公園の北端あたり)にあったことから「松が鼻」と呼ばれていた。また当時の名前の寺島の一文字ずつを取って「松島」と命名された。

(『松島新地誌』松島新地組合・1958年)

歴史

・1868年 川口居留地近くに松島町が誕生

・1869年 松島遊廓が成立

・1884年 松島事件(陸軍兵士と警察官の乱闘事件)が発生

・1926年 松島遊郭疑獄

・1945年 大阪大空襲により全焼

・1958年 売春防止法施行により廃止 - 以後、料亭街「松島料理組合」

出典:Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E9%81%8A%E5%BB%93